松本民芸館

松本民芸館は、故丸山太郎氏が「民芸をみるたしかな目」で優れた民芸品を蒐集され、昭和37年に創館しました。「無名の職人たちの手仕事で日常品」であるものに美をみる民芸の心が「美しいものが美しい」という書によく表れています。なまこ壁の蔵造りの建物は雑木林に囲まれた環境にあり、静かで心休まる空間です。
現在は松本市の運営で、常設展では膨大な収蔵品の内約800点を展示しています。水がめや猪口、壺、漆器、たんすなどが土蔵風の建物の中に配されています。また、日本だけではなく、世界各地の工芸品も展示しています。

【開館時間・休館日】
開館時間  午前9時から午後5時まで
休館日   毎週月曜日(休日の場合はその翌日)
      12月29日から1月3日

【料金】
・大人300円(団体20人以上200円)
・小中学生、70歳以上の松本市民は無料